歯の痛みは放置しても治りません~一般歯科・口腔外科~

  • 大
  • 小

歯の痛みは放置せず、早めに対処しましょう

歯の痛みは放置せず、早めに対処しましょう

むし歯とは、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)に潜むむし歯菌が、お口のなかの糖分をエサにして酸を作り出し、その酸によって歯が徐々に溶けてしまう病気です。ごく初期のむし歯にかぎれば削らずに治すことも可能ですが、知らずに放っておいてしまうとどんどん進行してしまいます。「痛い」「しみる」といった症状が出たときには、すでに大がかりな治療が必要なほど悪化していたというケースも珍しくありません。

歯の痛みは放置せず、早めに対処しましょう

放っておくと歯を失ってしまうことにつながる病気……それがむし歯です。相模原市の歯医者「ビレッジ歯科クリニック」では、健康な歯を末長く維持していただくために、むし歯の予防や早期発見・早期治療に努めています。「むし歯かな?」と思ったら、すぐにご相談ください。

そのまま放置する危険性

そのまま放置する危険性

むし歯が進行するとどんどん痛みが増してきますが、しばらくすると、あるタイミングで痛みが消えることがあります。歯の痛みがなくなった理由は、神経が死んでしまったから。これを「治った」と判断して放置してしまうと、さらにむし歯が進行して重症化してしまうので注意しましょう。むし歯は、自然に治癒しません。

むし歯の痛みをそのまま放置すると……
  • 一度痛みがなくなっても、再び痛みが大きくなっていきます
  • 治療が複雑になります
  • 治療時間や通院回数、治療費、治療時の痛みが増えます
  • 将来的に歯を失ってしまうリスクが高まります
  • 全身の健康に悪影響が及ぶことがあります

当クリニックの「なるべく痛くない治療」

当クリニックの「なるべく痛くない治療」

多くの方が「むし歯の治療は痛い」というイメージをお持ちではないでしょうか? しかし、治療が痛いからといって症状を我慢したり治療を先延ばしにしたりするのは、お口の健康のためになりません。当クリニックでは、「痛いのはイヤ」という方にもしっかり治療していただくために、麻酔に工夫を施した「なるべく痛くない治療」を行っています。

「痛くない」ための麻酔のポイント

奥歯の痛みは「親知らず」かもしれません

奥歯の痛みは「親知らず」かもしれません

親知らずは、永久歯が生えそろった後で奥歯の奥に生えてくる歯のことです。人によって生えたり生えなかったり、まっすぐ生えたり斜めに生えたりと気まぐれな親知らず。奥歯に痛みがあるようなら、親知らずが原因かもしれません。

すべての親知らずが抜歯の対象となるわけではありませんが、痛みをともなう場合は抜歯となることがほとんどです。痛みがなくても、歯並びを乱すなど他の歯やお口全体に悪影響を及ぼすことも多いため、自分で判断せずに歯科医師に相談しましょう。

親知らずを抜く場合と抜かない場合
抜く必要がある場合
  • 腫れや痛みがある
  • 斜め(あるいは横)に生えている
  • 神経を刺激している
  • 周辺の歯を圧迫して歯列を乱している
  • 周辺の歯が虫歯になっている
  • 親知らずが虫歯になっている
抜かなくていい場合
  • 正しい向きでまっすぐ生えている
  • ブラッシングがきちんとできる
  • 周囲の歯列に悪影響を与えていない
  • 噛み合う親知らずにも問題がない
院長は口腔外科を得意としています

院長は口腔外科を得意としています

当クリニックの院長は勤務医時代に口腔外科を学んでおり、日本口腔外科学会にも所属しています。口腔外科を得意分野としているだけでなく、親知らずの診断・抜歯に関するさまざまな症例を経験しています。大がかりな手術になりそうな場合は対応可能な病院をご紹介することも可能です。気になる親知らずがありましたら、相模原市の歯医者「ビレッジ歯科クリニック」へご相談ください。

むし歯は予防できる病気です定期検診を受けてしっかり予防しましょう