menu

AESTHE銀歯や黄ばみが気になる方へ
~審美治療・ホワイトニング~

AESTHE

見た目の改善と機能性の向上を両立させる審美治療

「黒ずんで見える銀歯が気になる……」というお悩みのせいで、会話や人前での食事が億劫になってはいませんか?そんな口元のコンプレックスがある方には、審美治療がおすすめです。金属の詰めものや被せものを白いセラミック製のものに替えることで、噛む機能を整えながら、きれいな見た目を手に入れることができます。

銀歯にはデメリットがたくさんあります

これまで、むし歯の治療で当たり前のように使用されてきた銀歯。銀歯は見た目がよくないだけでなく、金属アレルギーを引き起こす原因となり得ることもわかっています。銀歯の主なデメリットについては以下をごらんください。

目立ちます
白い歯列の中で銀歯は黒ずんで見えるので、とても目立ちます。
病気になるリスクが高まります
銀歯にはプラークが付着しやすいので、むし歯や歯周病になるリスクが高まります。
金属アレルギーの心配があります
徐々に溶け出した金属イオンが体内に取り込まれると、全身に金属アレルギーの症状が出ることがあります。
歯肉を黒ずませます
お口の中で少しずつ溶け出した金属イオンが、歯肉を黒ずませることがあります。
なぜセラミックが優れているの?

審美治療では多くの場合、詰めものや被せものにセラミック製の素材を使用します。銀歯をセラミックに替えることには、次のようなメリットがあります。

自然な見た目が手に入ります
セラミックには天然歯のような透明感があります。一人ひとりの歯の色調に合わせることができるので、見た目が自然です。
病気のリスクを抑えられます
セラミックは銀歯に比べてプラークなどの汚れが付着しにくいので、虫歯や歯周病になるリスクを抑えられます。
金属アレルギーの心配がありません
金属を一切使用しないメタルフリー素材を使用することで、金属アレルギーを心配する必要がなくなります。
歯ぐきが黒ずみません
金属を使用しないので、歯ぐきの黒ずみが起こりません。
オールセラミック(内面ジルコニア)
ホワイトクラウン(メタルボンド)
ファイバーコア

AESTHE

歯の黄ばみはホワイトニングで解決できます

いつもブラッシングをしっかりしているのに、いつの間にか黄ばんでしまった歯。黄ばみの原因は、加齢や飲食による色素沈着かもしれません。噛み合わせに問題がない場合は、ホワイトニングによって手軽に歯を白くできます。ホワイトニングとは、歯を削らずに薬剤で白くする処置のこと。最近では、結婚式や就職活動(面接)など大切なイベントの前にホワイトニングをする方が増えています。

加齢
もともと黄色味をおびている象牙質(エナメル質の内側の層)は、加齢によってその色がさらに強まります。また、象牙質を覆っているエナメル質が徐々に削られて薄くなることも黄ばみを助長します。
飲食物
コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーといった色の濃い飲食物を日々摂取することにより、歯が着色されていきます。
タバコ
タバコのヤニによって、歯が黄ばみます。
むし歯
むし歯の治療で神経を取ると、歯が変色することがあります。
抗生物質
テトラサイクリンという抗生物質を飲んでいた人は、歯が黄ばむことがあります。この抗生物質を妊婦が服用すると、胎児の歯の黄ばみに影響するともいわれています。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」の2種類があります。相模原市の歯医者「ビレッジ歯科クリニック」では、どちらのホワイトニングにも対応しています。